Menu

AMD CPUの種類(ブランド)の解説と一覧

最終更新日 : 2019/07/11

amd-cpu-brand

AMDの「CPU/APU」には、「Ryzen」の名を冠したモデルが多数存在します。

その後には数字が続きますが、これらは「ブランド」を表し、それぞれに固有のスペック(仕様)があります。

ここでは、AMD CPUのブランドの解説と、ブランドごとに分類したCPU/APUの一覧を掲載しています。

ブランドについて

AMDの「PC向け主力CPU」の ブランド は、「Ryzen(ライゼン)」です。

かつてのAMDの主力CPUブランドには「FX(エフエックス)」や「A-シリーズ」などがありましたが、ライバルIntelに大きく水をあけられる有様で、「Intel一強時代」をアシストするような形でした。

しかし、Ryzenの登場によりCPU業界の構図は大きく変わりました。「シングルスレッド性能(1コア当たりの性能)」ではかなわないものの、「マルチスレッド性能」では勝負になるレベルまで能力を上げてきたのです。

また、最新の「第3世代Ryzen」では、シングルスレッド性能さえもIntelと同等クラスに達したため、今やPC向けCPUの中心は、Ryzenといっても過言ではない状況なのです。


Ryzenを含むAMDの「PC向けCPUブランド」は、以下に示します。

ブランド名読み方性能
Ryzen Threadripperライゼンスレッドリッパー高い
Ryzen 9ライゼンナイン
Ryzen 7ライゼンセブン
Ryzen 5ライゼンファイブ
Ryzen 3ライゼンスリー
Athlonアスロン
Sempronセンプロン低い

AMDのブランドの序列は、ハイエンド向けの「Ryzen Threadripper」を始め、Intelの「Coreブランド」に対抗した「Ryzen 9」、「Ryzen 7」、「Ryzen 5」、「Ryzen 3」という非常に分かりやすい構成となっています。

「Athlon」と「Sempron」は、Ryzenの下位ブランドのようなもので、これらはそれぞれIntelの「Pentium」と「Celeron」の対抗馬といった位置付けです。

実は、Pentium/CeleronもAthlon/Sempronも、それぞれIntelとAMDのかつての主流CPUブランドでした。よって、これらのブランドのモデルについては、最新のモデルか旧来のモデルかをしっかりと確認した方が良いでしょう。

ただし、Sempronに関しては、Ryzen登場以降、CPU/APUは出ていませんので、実質存在しないブランドと考えても良いかと思います。


また、表には載せていませんが、「企業向けブランド」としてモデルナンバーの中に「PRO」の言葉が入ったブランドも存在します。

PROが付くブランドは、企業向けらしくセキュリティーや信頼性の高さに力を入れています。


それから、AMDは「内蔵グラフィック」を持たないものを「CPU」、持つものを「APU」と呼んで区別していますが、前者はその性質もあってか、「ノート向けCPU」が現在のところ存在しません。

よって、「デスクトップ向けCPU」、「デスクトップ向けAPU」、「ノート向けAPU」に分けて、それぞれのブランドについて、お話ししたいと思います。

デスクトップ向けCPUブランド

各ブランドは、おおよそ決まったスペックを持っていますので、以下にそれを示します。

また、AMD CPUは「iGPU(内蔵GPU)」を持ちませんから、必然的に「dGPU(外部GPU)」である「グラフィックボード」が必要になる点に注意が必要です。


第3世代(3000番台)


ブランド名 Ryzen 9Ryzen 7Ryzen 5
コア数
(スレッド数)
12(24)8(16)6(12)
SMT
TC
論理的な
性能比
15107.5


第2世代(2000番台)


ブランド名 Ryzen TRRyzen 7Ryzen 5Ryzen 3
コア数
(スレッド数)
12(24)
~32(64)
8(16)6(12)
/4(8)
4(4)
SMT ○/○×
TC ○/○
論理的な
性能比
15~40107.5/54

「TR」は「Threadripper」を、「SMT」は 同時マルチスレッディング機能 の有無を、「TC」は ターボコア機能 の有無を表しています。


また、「論理的な性能比」とは、SMTは平均して「20~30%の性能向上」といわれていますので「25%」の性能アップとして、SMTなしのコア1つ当たりの性能を「1」、SMTありのコア1つ当たりの性能を「1.25」とした場合のCPUの性能を数値化したものです(コア数 x 1.25)。

SMTの効果が大きくなるにつれ、性能比は論理コア数(スレッド数)に近づいていくと考えられます。

SMTの効果はプログラム依存ですし、クロック周波数やTCの有無など他の要素も性能に影響を与えるため、実際の性能差とは異なりますが、1つの目安にはなるかと思います。


まず、「第2世代Ryzen CPU」に関してです。

Intelはブランドごとに細かく機能の有無を設けていますが、AMDは「コア数の差」と「Ryzen 3のSMTがないこと」を除くと、比較的ブランド間の差はないといって良いでしょう。

ただ、「コア数の差」が性能に最も大きな影響を与えますので、やはりブランドの違いというのは重要なのです。

さらに見ていきましょう。

「Ryzen Threadripperブランド」に関してですが、「ハイエンド級」だけあって、コア数の多さが尋常ではありません。「第2世代Ryzen CPU」の「最高スペックCPU」である「Ryzen Threadripper 2990WX」に至っては、「32コア/64スレッド」で「TDP」が「250W」というモンスタースペックを誇ります!

ただし、「コア数の多さ」=「性能の高さ」だとは限りません。

コア数が多いということは、それだけ消費電力も上がる = 発熱量も増加するということです。TDPは冷却性能の目安ですから、高TDPなものほど強力なクーラーを備えていますが、全コアフルパワーに耐え得るほどの余裕がある訳ではありませんので、多コアなものほど性能にリミットが掛かりやすいのです。

とはいえ、効率的なプログラムでCPUを上手く使うことができたならば、相応の実力を発揮してくれるのも確かですから、この辺りは向き不向きがあるというべきでしょう。


次に、「Ryzen 5」についてですが、上位モデルと下位モデルではコア数に差がある点に注意が必要です。

これまでのCPUは「4コア」が主流でしたが、「6コア以上」の流れが近年生じていますので、これからは「6コア」を目安にソフトが作られるようになると思われます。すると、「4コア」と「6コア」では少しずつ差が付き始めることが予想される訳です。

すぐに6コアメインになることはないと思いますが、CPUは余力が欲しいハードでもありますので、無理がなければ「6コア以上」を目指すことをおすすめします。


続いて、「第3世代Ryzen CPU」に関してです。

第3世代Ryzen CPUは登場したばかりで(2019/07)、「Ryzen Threadripperブランド」と「Ryzen 3ブランド」はまだありませんが、新たに「Ryzen 9ブランド」が作られました。

現時点でRyzen 9は1モデルのみですが、秋には「16コア/32スレッド」のモデルも登場予定ですので、第3世代のRyzen TRはさらにコア数が上がる模様です。

デスクトップ向けAPUブランド

iGPU(内蔵グラフィック)を持つ「APU」の内、まずは「デスクトップ向け」のブランドについて、お話しします。


第2世代(3000番台)Ryzen APU


ブランド名 Ryzen 5
コア数
(スレッド数)
4(8) / 4(4)
SMT ○/×
TC ○/○
論理的な
性能比
5/4


第1世代(2000番台)Ryzen APU


ブランド名 Ryzen 5Ryzen 3
コア数
(スレッド数)
4(8)4(4)
SMT ×
TC
論理的な
性能比
54

Ryzen APUの「世代」と「世代を表す最上位桁の数字」のずれについては、 AMD CPUの世代・アーキテクチャの解説と一覧 でお話ししていますので、ご一読下さい。


さて、「デスクトップ向けAPUブランド」も基本的には デスクトップ向けCPUブランド と同じですから、表の見方などはそちらを参考にして頂ければと思います。

現在のところ、デスクトップ向けRyzen APUは、Ryzen CPUの下位ブランドという位置付けですから、「Ryzen 5」までしかないのは必然かもしれません。

ただ、第2世代Ryzen APUは登場して間もないですから(2019/07)、今後上位ブランドが登場する可能性は0ではないでしょう。

ノート向けAPUブランド

iGPU(内蔵グラフィック)を持つ「APU」の内、「ノート向け」のブランドについて、お話しします。


第1世代(2000番台)/ 第2世代(3000番台)Ryzen APU


ブランド名 Ryzen 7Ryzen 5Ryzen 3
コア数
(スレッド数)
4(8)4(4)
/2(4)
SMT ×/○
TC ○/○
論理的な
性能比
54/2.5

デスクトップ向けAPUブランド と同じく、「世代」と「世代を表す最上位桁の数字」にずれがあります。ご注意下さい。

ただし、現在のところ、世代間でブランドのスペックの違いはありません。

また、デスクトップ向けAPUとは異なり「Ryzen 7ブランド」があったり、Ryzen 7には「TDP」の高いサフィックス「H」のモデルがあったりするなど、ラインアップは比較的充実しています。

下位モデルの「Ryzen 3」には、「4コア/4スレッド」の上位モデルと「2コア/4スレッド」の下位モデルがありますが、後者は非力さが気になりますので、上位モデルにしておいた方が無難でしょう。

AMDの「ノート向けプロセッサ」は、この「ノート向けAPU」しかありませんから、さらなるラインアップの拡充を期待したいところです。

PC向け以外のブランド

AMDプロセッサにも「PC以外の用途」に向けて作られるブランドがありますので、少しだけお話ししたいと思います。

ブランド名読み方性能
EPYCエピック高い
Opteronオプテロン低い


「EPYC」と「Opteron」は、サーバー用途のブランドですので、Intelの「Xeon(ジーオン)」ブランドに相当するものとなります。

EPYCは新世代の「Zen系アーキテクチャ」を、Opteronは旧世代の「Bulldozer系アーキテクチャ」を採用したブランドですので、今後はEPYCが中心になっていくでしょう。


ただし、EPYCもOpteronも純粋なPC向けではないため、当サイトではこれ以上詳しくは扱いません。

Ryzen Threadripper 一覧

デスクトップ向けCPU
サフィックス
(末尾のアルファベット)
W: ?
X: 高性能
CPU名C/TクロックTDPiGPU
第2世代 (開発コードネーム: Colfax)
Ryzen Threadripper 2990WX32/643.0/4.2250W-
Ryzen Threadripper 2970WX24/483.0/4.2
Ryzen Threadripper 2950X16/323.5/4.4180W
Ryzen Threadripper 2920X12/243.5/4.3
第1世代 (開発コードネーム: Whitehaven)
Ryzen Threadripper 1950X16/323.4/4.0180W-
Ryzen Threadripper 1920X12/243.5/4.0
Ryzen Threadripper 1900X8/163.8/4.0

Ryzen 9 一覧

デスクトップ向けCPU
サフィックス
(末尾のアルファベット)
X: 高性能
CPU名C/TクロックTDPiGPU
第3世代 (開発コードネーム: Matisse)
Ryzen 9 3900X12/243.8/4.6105W-

Ryzen 7 一覧

デスクトップ向けCPU
サフィックス
(末尾のアルファベット)
X: 高性能
CPU名C/TクロックTDPiGPU
第3世代 (開発コードネーム: Matisse)
Ryzen 7 3800X8/163.9/4.5105W-
Ryzen 7 3700X3.6/4.465W
第2世代 (開発コードネーム: Pinnacle Ridge)
Ryzen 7 2700X8/163.7/4.3105W-
Ryzen 7 PRO 2700X
Ryzen 7 27003.2/4.165W
Ryzen 7 PRO 2700
第1世代 (開発コードネーム: Summit Ridge)
Ryzen 7 1800X8/163.6/4.095W-
Ryzen 7 1700X3.4/3.8
Ryzen 7 PRO 1700X
Ryzen 7 17003.0/3.765W
Ryzen 7 PRO 1700
ノート向けAPU
サフィックス
(末尾のアルファベット)
H: ハイパフォーマンス
U: ノート向け
CPU名C/TクロックTDPiGPU
第2世代 (開発コードネーム: Picasso)
Ryzen 7 3750H4/82.3/4.035WRX Vega 10
Ryzen 7 3700U2.3/4.015W
第1世代 (開発コードネーム: Raven Ridge)
Ryzen 7 2800H4/82.2/3.845WVega 11
Ryzen 7 PRO 2700U2.2/3.815WVega 10
Ryzen 7 2700U2.2/3.8

Ryzen 5 一覧

デスクトップ向けCPU
サフィックス
(末尾のアルファベット)
X: 高性能
E: 低消費電力
CPU名C/TクロックTDPiGPU
第3世代 (開発コードネーム: Matisse)
Ryzen 5 3600X6/123.8/4.495W-
Ryzen 5 36003.6/4.265W
第2世代 (開発コードネーム: Pinnacle Ridge)
Ryzen 5 2600X6/123.6/4.295W-
Ryzen 5 26003.4/3.965W
Ryzen 5 PRO 2600
Ryzen 5 2600E3.1/4.045W
Ryzen 5 2500X4/83.6/4.065W
第1世代 (開発コードネーム: Summit Ridge)
Ryzen 5 1600X6/123.6/4.095W-
Ryzen 5 16003.2/3.665W
Ryzen 5 PRO 1600
Ryzen 5 1500X4/83.5/3.7
Ryzen 5 PRO 15003.5/3.7
Ryzen 5 14003.2/3.4
デスクトップ向けAPU
サフィックス
(末尾のアルファベット)
G: デスクトップ向け
E: 低消費電力
CPU名C/TクロックTDPiGPU
第2世代 (開発コードネーム: Picasso)
Ryzen 5 3400G4/83.7/4.265WRX Vega 11
Ryzen 5 3200G4/43.6/4.2Vega 8
第1世代 (開発コードネーム: Raven Ridge)
Ryzen 5 2400G4/83.6/3.965WRX Vega 11
Ryzen 5 2400GE3.2/3.835W
ノート向けAPU
サフィックス
(末尾のアルファベット)
H: ハイパフォーマンス
U: ノート向け
CPU名C/TクロックTDPiGPU
第2世代 (開発コードネーム: Picasso)
Ryzen 5 3550H4/82.1/3.735WVega 8
Ryzen 5 3500U2.1/3.715W
第1世代 (開発コードネーム: Raven Ridge)
Ryzen 5 2500U4/82.0/3.615WVega 8
Ryzen 5 PRO 2500U

Ryzen 3 一覧

デスクトップ向けCPU
サフィックス
(末尾のアルファベット)
X: 高性能
CPU名C/TクロックTDPiGPU
第2世代 (開発コードネーム: Pinnacle Ridge)
Ryzen 3 2300X4/43.5/4.065W-
第1世代 (開発コードネーム: Summit Ridge)
Ryzen 3 1300X4/43.5/3.765W-
Ryzen 3 PRO 13003.5/3.7
Ryzen 3 12003.1/3.4
Ryzen 3 PRO 1200
デスクトップ向けAPU
サフィックス
(末尾のアルファベット)
G: デスクトップ向け
E: 低消費電力
CPU名C/TクロックTDPiGPU
第1世代 (開発コードネーム: Raven Ridge)
Ryzen 3 2200G4/43.5/3.765WVega 8
Ryzen 3 2200GE3.2/3.635W
ノート向けAPU
サフィックス
(末尾のアルファベット)
U: ノート向け
CPU名C/TクロックTDPiGPU
第1世代 (開発コードネーム: Raven Ridge)
Ryzen 3 PRO 2300U4/42.0/3.415WVega 6
Ryzen 3 2300U2.0/3.4
Ryzen 3 2200U2/42.5/3.4Vega 3

Athlon 一覧

デスクトップ向けAPU
サフィックス
(末尾のアルファベット)
G: デスクトップ向け
E: 低消費電力
CPU名C/TクロックTDPiGPU
第1世代 (開発コードネーム: Raven Ridge)
Athlon 240GE2/43.5/-35WVega 3
Athlon 220GE3.4/-
Athlon 200GE3.2/-
Athlon PRO 200GE
ノート向けAPU
サフィックス
(末尾のアルファベット)
U: ノート向け
CPU名C/TクロックTDPiGPU
第2世代 (開発コードネーム: Picasso)
Athlon 300U2/42.4/3.315WVega 3
Athlon PRO 300U
第1世代 (開発コードネーム: Raven Ridge)
Athlon PRO 200U2/42.3/3.225WVega 3