AMD CPU

最終更新日 : 2019/07/11

amd

長らくご愛顧頂きました PC de GAME - BTOとゲーミングPCのお話 は、 PCpedia としてリニューアル、再出発することになりました!

これまで以上に、皆様のお役に立てるサイト作りを心掛けて参りますので、今後ともよろしくお願い致します。

PC向けCPUの二大巨頭といえば「Intel」と「AMD」ですが、AMDは近年、ライバルに大きく差を付けられていました。

AMDは、CPUとGPU(グラフィックチップ)の両方を手掛けるメーカーで、iGPU(CPU内蔵GPU)の評価は元から高かったのですが、CPUの方はあまり芳しくなかったのが実状でした。

しかし、満を持して投入した新ブランドは、Intelとの差を一気に縮めるほど強力なもので、CPU業界はかつての「華やかな開発競争の時代の再来」に盛り上がりを見せています。

ここでは、そんなAMDのCPUについて、お話ししようと思います。

カテゴリー内ページ一覧


「Ryzen」を中心とした「AMD CPU/APU」のブランドに関する解説を行っています。また、ブランド別のCPU/APUの一覧を掲載しています。

「Ryzen」で飛躍的に進化した「AMD CPU/APU」の「世代」や「アーキテクチャ(設計)」に関する解説を行っています。また、世代別のCPU/APUの一覧を掲載しています。

技術

SMT

プログラムの最小単位のことを「スレッド(Thread)」といい、CPUはこのスレッド単位で処理を行います。スレッドは、「最もシンプルなプログラム」ともいえるでしょう。

CPUコアは、1度に1つのスレッドしか処理できませんが、コア内で遊んでいる装置を有効活用することで、複数のスレッドを同時に処理することが可能になる技術があります。

これを「SMT(Simultaneous Multithreading: 同時マルチスレッディング)」といいます。

ただし、SMTはあくまでもメインとなる処理を行っている間に、余力を使って別の処理も行うという形ですので、1コアで2コア分の処理ができることはまずありません。


Intelには、 HTT という、SMTと同じ技術が昔から存在しましたが、AMDでは最近になって取り入れられました。

これに伴って、SMTに対応したAMDのCPUもIntelのCPUと同じく、OSからは1つのコアが2つのコアに見えるため、「8コア + SMT」のCPUは、OSからは「16コア」のCPUに見えることになります。


また、これもHTTと同じですが、プログラムによってはSMTが逆に性能低下を招くようなこともありますので、そういった場合はSMTを無効にする必要があるでしょう。

SenseMIテクノロジー

「AMD SenseMIテクノロジー」とは、CPUの「電圧」や「温度」、「クロック周波数」などに関する技術の総称です。代表的な機能には、以下のようなものがあります。


Pure Power

負荷があまり掛かっていない時に、消費電力を下げつつもパフォーマンスは下げないという、効率的な働きを行う機能です。


Precision Boost

負荷に応じて、リアルタイムでクロックを上げ下げする機能です。Intelの「Turbo Boost」と似たような機能ですが、TBは「100MHz」単位で、こちらは「25MHz」単位で動作するため、より細かい制御が可能になります。

また、TBに相当する機能を「Turbo CORE」と呼んでいますが、その発展形のような位置付けのようです。


Extended Frequency Range(XFR)

直訳すると「拡張周波数帯域」となります。しっかりとした冷却システムで充分に冷やされていれば、「最大クロック」の枠を超えて、さらなるブーストが掛かる機能です。




これらだけではありませんが、以上が主な機能となります。

CPUの性能は、クロック周波数に比例し、クロックは電力や熱と比例するため、性能を発揮するにはこれらの管理が非常に重要になりますが、AMD SenseMIテクノロジーとは、まさにその管理の中核を担う技術の集まりなのです。

モデルナンバーについて

最初にAMDの「APU(Accelerated Processing Unit)」について、少しお話しします。

GPU(グラフィックを処理する装置)をCPUの内部に設置するようになって久しいですが、中にはiGPU(CPU内蔵GPU)を持たないものも存在します。

AMDでは、このiGPUを持たないものを「CPU」、持つものを「APU」と呼んで区別しています。

基本的な役割はどちらも同じですが、違いも少なくはないので、ここでは必要に応じて、それぞれに分けてお話ししようと思います。


それでは、本題に入ります。

「モデルナンバー(Model Number)」とは、意味のある数字とアルファベットから成るCPU/APUの型番のことで、製品名でもあります。モデルナンバーはAMDの呼び方で、「Intel」ではこれを「プロセッサナンバー」といいます。

以下に、ハイエンドCPUを除く、現行世代のデスクトップ向け最高スペックCPU「Ryzen 9 3900X」とAPU「Ryzen 5 3400G」のスペックを挙げます。

CPUAPU
モデルナンバー Ryzen 9 3900XRyzen 5 3400G
コア数 124
スレッド数 248
定格
クロック周波数
3.8GHz3.7GHz
ブースト
クロック周波数
4.6GHz4.2GHz
L3キャッシュ 64MB4MB
TDP 105W65W
iGPU -RX Vega 11
ソケット Socket AM4

CPUの基本については、 CPUのスペックの見方と用語解説 でお話ししていますので、分からない用語などがありましたら、参照してみて下さい。

さて、 CPUのスペックの見方と用語解説 では「Ryzen 9/Ryzen 5」がブランドを、「4桁の数字の最上位桁」が世代を、「上位2桁目以降の数字」が相対的な性能を表すとお話ししましたが、数字の後に続くアルファベットにも重要な意味があります。

これは製品の「性質、コンセプト」を示すもので、「サフィックス(接尾辞)」と呼ばれます。世代により使われる文字や字数が違ったりもしますが、最新世代のものを中心に、「デスクトップ向けCPU」、「デスクトップ向けAPU」、「ノート向けAPU」に分けてお話ししようと思います(AMDには現在「ノート向けCPU」は存在しません)。

また、AMD CPU/APUの世代については、 AMD CPUの世代・アーキテクチャの解説と一覧 を、ブランドについては、 AMD CPUの種類(ブランド)の解説と一覧 でお話ししてますので、参考にして下さい。

デスクトップ向けCPUサフィックス

サフィックス意味
X高性能
W
E低TDP

「X」は、「高性能モデル」であることを表すものです。「X付きCPU」は、 XFR の上限が「無印CPU」よりも高く設定されているのです。

ただし、注意が必要なのは、X付きのハイスペックモデルには「CPUクーラー」が付かないものもあるということです。クーラー付きかどうかは、しっかりと確認しておく必要があります。


「ハイエンド級」のブランドである「Ryzen Threadripper」の上位モデルには「WX」というサフィックスが付くモデルも存在します。

Wが付くモデルのTDPは「250W」とかなり高く、スペックもずば抜けていますから、「ハイエンドの中のハイエンド」という位置付けのようですが、この「W」の具体的な意味に関しては良く分かりませんでした。

一説によると、「ワークステーション(Workstation)向け」とのことですが、定かではありません。ワークステーションとは、分かりやすくいうと「業務用コンピュータ」で、基本的な構造や機能はPCと同じですが、プロ向けらしく、特定の用途に必要な性能や安定性がPCよりも高いのが一般的です。


「E」が付くモデルは「低TDP版」という意味になるのですが、Ryzen CPUでは現在のところ、「第2世代」の「Ryzen 2000シリーズ」に1モデルだけラインアップされているのみとなっています。

デスクトップ向けAPUサフィックス

サフィックス意味
Gデスクトップ向け
E低TDP

「G」は、「デスクトップ向け」を表すサフィックスです。つまり、ノート向けではないことを表すため、基本的に全ての「デスクトップ向けAPU」に付くということです。

また、この特徴を生かして、「Ryzen 2000Gシリーズ」というように「デスクトップ向けAPUのシリーズ名」として使われることもあります。


「E」は、「デスクトップ向けCPU」と同じく「低TDP版」という意味ですが、デスクトップ向けAPUではEが単体で付く訳ではなく、「GE」というようにGの後に付く形になっています。

ちなみに、現在の規則では「Gモデル」が「65W」で、「Eモデル」が「35W」です。


デスクトップ向けAPUは、まだ「2世代」のみのラインアップで、なおかつ「G」は全てのモデルに付きますから、実質「Eが付かない通常版」と「Eが付く低TDP版」の2種類のみということになります。

ノート向けAPUサフィックス

サフィックス意味
H高性能
Uノート向け

デスクトップ向けAPUサフィックス の「G」に相当するのが「ノート向け」のサフィックス「U」です。つまり、APUは基本的に「G」が付くか「U」が付くかで、デスクトップ向け、ノート向けを分けているということになります。

ただ、デスクトップ向けと違うのは、「TDP」の高い「高性能モデル」には独立した「H」のサフィックスが与えられているという点です。デスクトップ向けのようにTDPの異なるモデルが「UH」という表記になるのではなく、UかHかのどちらかだけが付くということです。

現在の規則では、「Hモデル」が「45W」、「Uモデル」が「15W」となっています。


また、これもデスクトップ向けAPUと同じですが、サフィックスの同じモデルは「Ryzen 2000Hシリーズ / 2000Uシリーズ」のようにまとめられることもあるようです。



Ryzenはまだ歴史の浅いブランドですので、サフィックスの数も少なく、また今後増減したり、意味が変わったりすることもあるかと思います。

ただ、基本的には「性能」や「TDP」の違いを表すことが多いですから、一度整理すると、案外忘れにくいのではないでしょうか。