【2023/11】ゲーミングPCに最適なCPUとは?最新おすすめゲーミングCPUランキング

最終更新日 : 2023/11/10

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

ゲーミングPCにおいて、CPUはGPUに次いで重要なパーツです。ゆえに、その選び方は慎重かつ大胆でなければなりません。

とはいえ、目的や目標がある程度はっきりしていれば、選び方自体はそれほど難しくはありませんので、過度に恐れる必要もありません。

ここではゲーミングPC向けCPU選びのセオリーと最新おすすめCPUについて、お話しします。

早速ゲーミングPC向けのおすすめCPUをランキング形式で挙げていきますが、その前に選び方のポイントをいくつか列挙してみようと思います。詳しい解説や根拠などは後述のゲーミングPC向けCPUの選び方でお話ししていますので、興味のある人はご一読下さい。


  • 一般的にフレームレートが高いほどCPUパワーを必要とする
  • フレームレートがあまり出ないミドルクラス(目安としてはGeForce RTX 3060)までなら、CPUは基本的に不問
  • GPU性能が上がるほどCPUによるボトルネックが強くなるため、特にハイエンドGPUにはハイエンドCPUを合わせるべき
  • 解像度が高いほどフレームレートが下がるため、CPUの影響力は小さくなる。ただし、最新のハイエンドGPUは4Kでもそれなりに高いフレームレートを出せるため、ボトルネックが生じつつある
  • グラフィックボードの故障に備え、iGPU(内蔵グラフィックス)付きにする
  • CPU依存度も多少は加味する

以上を踏まえた上で、現在のおすすめゲーミングCPUのランキングをスペックごとに挙げると、以下のようになります。

順位ハイエンド
(RTX 4070 Ti以上)
ハイクラス
(RTX 3070以上)
ミドルクラス
1位Ryzen 7 7800X3DRyzen 7 7800X3DCore i5-13600K
2位Core i9-13900KCore i7-13700KRyzen 5 7600X
3位Core i7-13700KCore i5-13600KCore i5-13500

ハイエンド

ハイエンドにおけるおすすめCPUの1位は、Ryzen 7 7800X3Dです。圧倒的な性能もさることながら、異常なまでのワットパフォーマンス(電力効率)の高さに良好なコスパと主要な要素はどれもぶっちぎりですので、文句なしに現在のナンバー1ゲーミングCPUです。


2位は性能を優先してCore i9-13900Kとしましたが、ワッパもコスパもRyzen 7 7800X3Dには完敗していますので、小さくはない差があるといわざるを得ません。

ただ、Ryzen 7 7800X3DにはないCore i9-13900Kの強みもあります。それはコア数の多さです。Ryzen 7 7800X3D8コアに対してCore i9-13900KPコア8 + Eコア16の計24コアですから、ゲーム以外の用途も含めるならばCore i9-13900Kの方がおすすめになります。

また、コア数でいうならばRyzen 9 7950X3D / 7900X3Dもアリですが、価格が高くコスパ面で見劣りするため、ここではランク外としています。とはいえ、性能的にはトップクラスですので低発熱の多コアを求めるのであれば、悪くはない選択肢といえるでしょう。


逆にCore i7-13700Kハイエンド級に合わせるには性能面で少し不安がありますが、コスパに優れますので3位としました。Core i7-Kはいつの時代もゲーミングCPUの王道です。


それから、2023年10月第14世代Intel Coreが登場しましたが、この世代はコードネームがRaptor Lake Refreshであることからも分かる通り、前世代のリネームに近い世代ですので、性能もほとんど変わっていません。

唯一Core i7-14700K / KFだけがEコアが4つ増えたため、マルチスレッド性能がそれなりに上がりましたが、価格の高さも相まってコスパが悪いといわざるを得ません。

よって、第14世代Intel Coreは現時点では考慮に入れないことをおすすめしますが、少々の価格上昇が気にならないのであれば、選んでみるのも良いでしょう。

ハイクラス

ハイクラスにおけるおすすめCPUの1位Ryzen 7 7800X3Dです。性能もワットパフォーマンス(電力効率)もずば抜けていますので、それなりに高いCPU性能が欲しいこのクラスでもRyzen 7 7800X3Dは鉄板といっても良いでしょう。

ただ、このレベル帯ではやや価格が高い点がマイナスポイントといえるかもしれません。


Core i7-13700Kハイクラスであれば性能に不安はありませんので2位という評価です。このクラスでのCore i9Ryzen 9は余裕という意味では良いのですが、ややオーバースペック気味ですので、コスパを重視したCore i7Ryzen 7の方がバランス的には良いと思います。


ハイクラス3位は、ミドルクラスのCPUながらゲーミングパフォーマンスの高さとコスパの良さからCore i5-13600Kを選びました。Pコア数は6とやや不安のある数字ですが、Eコアが8個ありますので、大抵の用途では不足はないでしょう。

とはいえ、あくまでもコスパを重視しての話ですので、予算に問題がなければCore i7Ryzen 7の方が安心ではあります。

ミドルクラス

ミドルクラスにおけるおすすめCPUの1位は、Core i5-13600Kです。必要十分以上の性能はもちろんのこと、このクラスにしては充分なコア数(Pコア6 + Eコア8の計14コア)もありますので、少し抜けた存在といっても良いでしょう。

ただ、その分価格が高めである点とK付きCPUという点が気になるところではあります。後者に関しては問題があるという訳ではありません。ただ、オーバークロックを行うにはK付きCPU + Z系列チップセットが条件になりますが、Z系列チップセットは本来ハイクラス向けでやや価格も高いので、ミドルクラスCPUとは少しバランスが悪いのです。

もちろん、無理にOCに対応する必要もありませんから、非対応のH系列チップセットB系列チップセットでも構わないのですが、これだとせっかくのK付きがもったいないところに悩ましさがあります。もう少し頑張ってCore i7-K + Z系列チップセットにしておいた方が満足度は高いかもしれません。


ミドルクラス2位Ryzen 5 7600Xです。絶対性能でもコア数でもライバルのCore i5-13600Kとは少し差がありますが、価格の安さからこの順位にしました。

Core i5-13600Kと比べると分が悪いとはいえ、このレベル帯では充分なスペックですので、良い選択肢となるはずです。


ミドルクラス3位は、Core i5-13500です。ミドルクラスの定番といえばCore i5-無印ですが、第13世代Core i5は少し癖のある構成となっていますので注意が必要です。

第13世代Core i5-無印は現在Core i5-13500Core i5-13400Core i5-13400F3モデルがラインアップされていますが、Core i5-13500のみEコア数が8個で残りの2つは4個しかないのです。そのため、小さくはない差が付いてしまっています。

よって、どの世代でも人気の高いCore i5-x400F第13世代だけはCore i5-13500の方をおすすめします。

ゲーミングPC向けCPUの選び方

まずはCore i9-14900Kの性能を100とした場合の各CPUの相対的な性能を数値化(%)したデータをご覧下さい。13個のゲームで計測した平均フレームレートの平均値から算出したもので、4K(2160pWQHD(1440pFHD(1080pの3種類の解像度で測定されています。また、GPUにはGeForce RTX 4090を使用しています。

CPU4KWQHDFHD
第14世代Core (2023/10)
Core i9-14900K100100100
Core i7-14700K99.197.296.9
Core i5-14600K97.592.691.4
第13世代Core (2022/10, 2023/01)
Core i9-13900KS99.899.499.2
Core i9-13900K99.698.898.6
Core i7-13700K98.795.995.5
Core i5-13600K96.991.689.8
Core i5-13400F90.677.874.0
第6世代Ryzen (2022/09, 2023/01, 02, 04)
Ryzen 9 7950X3D98.896.498.5
Ryzen 9 7950X94.888.788.1
Ryzen 9 7900X94.789.088.1
Ryzen 9 790093.786.084.9
Ryzen 7 7800X3D99.6101.2104.3
Ryzen 7 7700X95.289.588.7
Ryzen 7 770094.688.587.6
Ryzen 5 7600X94.588.287.1
Ryzen 5 760093.486.585.1
第12世代Core (2021/11, 2022/01, 04)
Core i9-12900K96.589.587.4
Core i7-12700K94.886.683.7
Core i5-12600K92.981.878.7
Core i5-1260091.879.275.7
Core i5-12400F89.275.671.9
Core i3-1230085.570.465.7
Core i3-12100F84.268.963.9
第11世代Core (2021/03)
Core i9-11900K84.571.667.2
Core i7-11700K83.470.265.4
Core i5-11600K81.466.762.3
Core i5-11400F75.158.754.7
第4世代Ryzen (2020/11, 2022/04)
Ryzen 9 5950X89.277.174.2
Ryzen 9 5900X88.976.873.7
Ryzen 7 5800X3D94.885.884.1
Ryzen 7 5800X87.975.572.4
Ryzen 7 5700X87.374.671.6
Ryzen 5 5600X86.974.070.9
Ryzen 5 560086.373.069.7
Ryzen 7 5700G78.964.860.6
第3世代Ryzen (2019/07, 09, 2020/02, 05, 07)
Ryzen 9 3900X77.962.457.9
Ryzen 7 3700X78.162.357.9
Ryzen 5 360076.160.355.9
Ryzen 3 3300X75.259.254.9


続いて、上記と同種ながら少し古いバージョンのデータをご覧頂きます。こちらはCore i9-13900Kの性能を100とした場合のデータで、GPUにGeForce RTX 3080を使用しています。

CPU4KWQHDFHD
第13世代Core (2022/10)
Core i9-13900K100.0100.0100.0
Core i7-13700K99.799.498.9
Core i5-13600K99.598.897.5
第6世代Ryzen (2022/09)
Ryzen 9 7950X98.994.892.1
Ryzen 9 7900X98.594.591.5
Ryzen 7 7700X98.795.292.1
Ryzen 7 770098.695.091.3
Ryzen 5 7600X98.694.189.9
Ryzen 5 760098.293.288.3
第12世代Core (2021/11)
Core i9-12900K100.098.196.0
Core i7-12700K99.797.094.1
Core i5-12600K99.394.790.6
Core i5-1260099.193.387.3
Core i5-12400F98.790.184.1
Core i3-1230098.287.879.9
Core i3-1210097.987.178.5
第11世代Core (2021/03)
Core i9-11900K96.488.082.4
Core i5-11600K95.184.478.1
Core i5-11400F93.680.871.7
第4世代Ryzen (2020/11)
Ryzen 9 5950X98.291.085.1
Ryzen 9 5900X98.090.684.4
Ryzen 7 5800X3D99.094.288.6
Ryzen 7 5800X97.789.683.0
Ryzen 7 5700X97.488.381.3
Ryzen 5 5600X97.086.179.2
Ryzen 5 560096.585.178.0
Ryzen 7 5700G93.982.174.8
第3世代Ryzen (2019/07)
Ryzen 9 3900X96.382.174.3
Ryzen 7 3700X96.582.474.1
Ryzen 5 3600X94.979.971.7


これらのデータを中心にゲーミングPCのCPU選びにおいて重要なポイントをお話ししていきます。

解像度が高いほどCPUの影響力は小さくなる

最高値と最低値の差を解像度ごとに見ると、1つ目のデータが4K: 24.9、WQHD: 41.3、FHD: 45.3、2つ目のデータが4K: 6.4、WQHD: 20.1、FHD: 28.3となっていますが、どちらも解像度が低いほどその差が大きくなっていることが分かります。

これは解像度が低いほどフレームレートが高くなることが原因です。

1つのフレームを生成するのにかかる時間は、単純にいうとCPUの処理時間 + GPUの処理時間です。グラフィック品質が上がると、どちらの仕事量も増えるためフレームレートは下がりますが、一般的にGPUの仕事量の増加分の方がより大きくなります。

つまり、解像度が高くなるほどGPUにかかる負荷がより大きくなって、相対的にCPUの影響力は小さくなるということです。

これはいい換えると、フレームレートが高い(グラフィック負荷が軽い)ほどCPUパワーが必要になるということでもあります。よって、FPSのようなフレームレートの重要度が高いゲームでは、CPUにもこだわる必要があるのです。

高性能GPUほどCPU性能を必要とする

最高値と最低値の差は、1つ目のデータが4K: 24.9、WQHD: 41.3、FHD: 45.3、2つ目のデータが4K: 6.4、WQHD: 20.1、FHD: 28.3でしたが、前者の方がどの解像度でも数値が高くなっています。前者の方が性能の低いCPUのフレームレートの落ち込みが大きいということです。

これにはGPUの性能が関係しています。

使用されたGPUは、1つ目のデータがGeForce RTX 4090で2つ目のデータがGeForce RTX 3080ですが、前者は後者の1.5倍以上高い性能を持っています。

解像度が高いほどCPUの影響力は小さくなるでお話しした通り、フレームレートが高い(グラフィック負荷が軽い)ほどCPUパワーが必要となりますが、フレームレートはGPU性能に比例します。

つまり、GPUの性能が高くなればなるほどフレームレートが上がるため、CPUがボトルネックになりやすいということです。

CPUにこだわるべきGPUのレベル

ここでもう1つデータをご覧頂こうと思います。25のゲームで計測したフレームレートの平均値(FHD)のデータですが、こちらは先の2つのデータとは異なりGPUごとのテストになります。

データは2つあって、使用されているCPUが異なります。左側がRyzen 7 5800Xで右側がCore i9-13900Kですが、どちらも測定したゲームの種類と数が同じで、基本的な条件も非常に似ているため、CPUの違いをある程度正確に示したデータといって良さそうです。

GPURyzen 7
5800X
Core i9-
13900K
RTX 4090 215.5 279.1
RX 7900 XTX- 251.7
RTX 4080 201.7 250.9
RX 7900 XT- 228.6
RTX 4070 Ti- 219.9
RTX 3080 158.0 178.7
RTX 3070 Ti 140.3 153.8
RTX 3070 134.5-
RX 6700 XT 130.8-
RTX 3060 Ti 121.1-
RX 6600 XT 106.9-
RTX 3060 94.8-
RTX 3050 69.2-
GTX 1660 SUPER 66.1-
RX 6500 XT 47.6-

格上のCore i9-13900Kの方がRyzen 7 5800Xよりも高い数値を示していますが、やはりGPUの性能が高いほどCPUによる差は大きくなっています

GeForce RTX 3070 TiではCPUの違いにより10%ほどの差が付いていますが、これは1つ上のクラスのGeForce RTX 3080との差に近くなっています。別のいい方をするならば、CPUによりGPUのランクが1つ2つ変わることもあるということです。

右側のデータは下位GPUのデータがありませんので、正確なところは分かりませんが、GeForce RTX 3060 Tiなどのアッパーミドルクラス(上位ミドルクラス)以上のGPUはCPUにもある程度はこだわる必要があるといえそうです。

逆にミドルクラス以下であれば、それほどCPUにこだわる必要はありませんが、CPUは全体の挙動に影響を及ぼすことや多少なりともフレームレートを下げてしまうことを考えると、やはりそれなりのパワーを備えておくことが重要です。

4KでもCPU性能が必要に

これまでのGPUはパワーが不足していたため、4Kのフレームレートはそれほど高くありませんでした。これが2つ目のGeForce RTX 3080を使用したデータの4Kの数値にあまり差がなかったことの主な要因です。

しかし、最新のハイエンドGPU(GeForce RTX 4090)は、一昔前のFHD並の高フレームレートを出せるようになってきたため、4KならCPU性能はあまり必要ないというセオリーは通用しなくなってきています

もちろん、同じ4Kでもゲームによって負荷が異なりますので一概にはいえませんが、狙っているフレームレートに応じたCPU選びが重要になってきていることは確かです。

高フレームレートを出すことが難しいミドルクラスGPUまでであれば、それほどCPUにこだわる必要はありませんが、おおよその目安としてGeForce RTX 3070 Ti以上のGPUにはそれなりにパワーのあるCPUを合わせたいところです。

グラフィックボードの故障への備え

これはゲーミングPC向けCPUに限った話ではありませんが、内蔵グラフィックス(iGPU)の有無も重要なポイントになります。

ディスプレイにグラフィックデータを送ることがGPUのお仕事ですが、これを専用に行うグラフィックボードが故障した場合、替えのグラボがなければPCを使うことさえできなくなってしまいます。

しかし、CPUにiGPUが備わっていれば、PCが使えないという最悪の状況を防ぐことができるのです。特に不具合の原因を特定していく時に、ディスプレイに表示できないという状態は致命的になります。グラボの故障を疑って買い替えたものの実際はケーブルの不具合だった、というような話を良く耳にしますが、こういった事態は絶対に避けなければなりません。

IntelのF付きCPUとAMDの5000番台までのCPUにはiGPUが備わっていませんので、予備のグラボがない場合にはこれらのCPUは避けることを強くおすすめします。

その他の注意点

CPU依存度の影響も決して小さくはありません。

CPU依存度とは、その名の通りCPUの性能がパフォーマンスに関与する度合いのことです。例えばシミュレーションゲームのようなプログラム側が多くの思考を必要とするゲームほどCPU依存度は高くなる傾向にあります。ただ、プログラムの設計や効率が悪い場合もCPUへの負荷は高くなりますので、一概にはいえません。

よって、CPU依存度の低いソフトがターゲットだったり、GPUがミドルクラスで高フレームレートが難しい環境だったりするのであれば、そこまでCPUにこだわる必要はないということになります。

しかし、それ以外の場合、特にハイクラスGPUを採用する場合は、依存度が不明な様々なソフトを使用することなども考えて、レベルに見合ったCPUを選んでおくべきです。


PCは稼働している間、ゲームだけでなく数多くのプログラムを動かし続けますので、これを処理するパーツであるCPUの性能は全体の挙動に大きな影響を及ぼします。よって、ゲーム中でも多少はパワーに余裕のあるCPUを選んでおくことが重要です。