【価格徹底比較】RTX 2080 Ti搭載おすすめBTOゲーミングPC

最終更新日 : 2020/11/10

rtx2080ti-pc

現在、BTOパソコン在庫切れが非常に多くなっています。

これは半導体需要の高まりに供給能力が追い付かないため、CPUやGPUが品薄状態になっていることが主な理由です。

今後は未定ですが、今年一杯はCPUもGPUも供給能力が回復しないかもしれないというような報道もありますので、ご留意頂ければと思います。

最新の「Ampere(アンペア)アーキテクチャ」の登場により「ハイエンド」の座を明け渡す形となった「GeForce RTX 2080 Ti」ですが、「4K: 60fps」を狙う「ハイエンド級」として、まだまだ充分に戦えるパワーを持っています。

ここでは、そんなRTX2080Tiを搭載したBTOゲーミングPCの「価格」をスペックごとに「徹底比較」して「おすすめPC」をご紹介してきましたが、世代交代の波によりラインアップが大きく減少したため、「2020年11月10日」をもって、データの更新を停止させて頂くことにしました(参考までにデータ自体は最後のものを残しています)。

とはいえ、同等の価格で性能が大きく上がったRTX 3080搭載ゲーミングPCなど、新世代GPUを採用した後継モデルも充分に数がそろってきましたので、今後はそちらをチェックして下さればと思います。

GeForce RTX 2080 Tiの性能

まずは、「GeForce RTX 2080 Ti」の性能についてチェックしますが、ここではTechPowerUp(海外サイト)さんのデータをお借りしたいと思います。

そのデータとは、「22のゲームの平均フレームレート」で「4K(3840x2160)」、「1440p(2560x1440)」、「1080p(1920x1080)」の3つの「解像度」で計測されています。また、「グラフィック品質」は全て「最高品質」です。詳細は、以下のページでどうぞ。

→ AMD Radeon RX 6700 XT Review

対象となるGPUは、「GeForce RTX 30 / 20シリーズ」と「GeForce GTX 16シリーズ」、「Radeon RX 6000 / 5000 / Vegaシリーズ」と「Radeon VII」となりますが、一部のGPUはカットされていますので、ご注意下さい。


続いて、フレームレートの目安についてです。

「リフレッシュレート」が「60Hz」のディスプレイであれば、リフレッシュレートと一致する「60fps(秒間60フレーム)」がフレームレートの一般的な目標となりますが、これを下回ったとしても、必ずしも快適性が損なわれる訳ではありません。「30fps」でも、通常プレイに支障はないと思います。

ただし、最低フレームレートが低くなると、カクツキが目立つようになって、プレイしづらくはなりますので、ある程度の余裕は欲しいところです。

また、カクツキまでいかなくても、fpsの落ち幅が大きくなると違和感として表れやすいですから、リフレッシュレートに近い数字で安定していることは、快適さにおいて重要なポイントになります。覚えて帰って下さい。

4K(2160p) - Ultra(最高品質)

22 Games Average
GPUfps(Max: 240fps)
RTX 3090 109.9
RX 6900 XT 104.5
RTX 3080 98.3
RX 6800 XT 97.6
RX 6800 85.3
RTX 2080 Ti 76.4
RTX 3070 75.9
RX 6700 XT 69.2
RTX 3060 Ti 66.1
RTX 2080 S 65.4
RTX 2080 61.2
RTX 2070 S 56.4
Radeon VII 54.5
RX 5700 XT 52.6
RTX 3060 49.9
RTX 2070 49.4
RTX 2060 S 47.5
RX 5700 47.1
RX Vega 64 43.1
RTX 2060 41.2
RX 5600 XT 41.2
RX Vega 56 38.8
GTX 1660 Ti 34
GTX 1660 S 33.7
GTX 1660 29.3
RX 5500 XT 26.7
GTX 1650 S 25.2

1440p - Ultra(最高品質)

22 Games Average
GPUfps(Max: 240fps)
RX 6900 XT 169.6
RTX 3090 169.2
RX 6800 XT 161.2
RTX 3080 155.7
RX 6800 142.1
RTX 3070 126.8
RTX 2080 Ti 126.7
RX 6700 XT 122
RTX 3060 Ti 112.4
RTX 2080 S 109.4
RTX 2080 104.1
RTX 2070 S 96.7
RX 5700 XT 93.2
Radeon VII 93
RTX 3060 86.9
RTX 2070 85.5
RX 5700 83.7
RTX 2060 S 82.9
RX Vega 64 75.2
RX 5600 XT 73.7
RTX 2060 73
RX Vega 56 68.3
GTX 1660 Ti 61.3
GTX 1660 S 60.6
GTX 1660 53.1
RX 5500 XT 50.3
GTX 1650 S 47.1

1080p - Ultra(最高品質)

22 Games Average
GPUfps(Max: 240fps)
RX 6900 XT 209.8
RTX 3090 204.8
RX 6800 XT 201.1
RTX 3080 190.9
RX 6800 178.8
RTX 3070 163.6
RTX 2080 Ti 163.5
RX 6700 XT 158.7
RTX 3060 Ti 147.9
RTX 2080 S 143.5
RTX 2080 138
RTX 2070 S 129.2
RX 5700 XT 127.1
Radeon VII 122
RTX 3060 117.2
RTX 2070 115.1
RX 5700 114.1
RTX 2060 S 112
RX 5600 XT 102.5
RX Vega 64 101.4
RTX 2060 100.1
RX Vega 56 93.3
GTX 1660 Ti 84.8
GTX 1660 S 84.4
GTX 1660 74.8
RX 5500 XT 71
GTX 1650 S 66.6
  • GPU名の末尾のSSUPERの略です。
  • リンクとなっているGPU名をクリックすると、それぞれのGPUを搭載したBTOゲーミングPCの比較ページへ移動します。

最初に注意点を挙げておきます。上のテストでは「CPU」に「Ryzen 7 5800X」が用いられていますが、Ryzen 5000シリーズ(CPU)とRadeon RX 6000シリーズ(GPU)の組み合わせでは、5~10%ほどの性能向上が見込めるため、その分「平均fps」もアップしているものと思われます。よって、Intel CPUを組み合わせる場合、Radeon RX 6000シリーズのGPU性能は、多少割り引いて考えた方が良いでしょう。




「GeForce RTX 2080 Ti」は、快適さの一つの目安となる「4K: 60fps」を超える「平均70fps」を達成するなど、素晴らしいパフォーマンスを発揮しています。

「1440p」でも「平均120fps」オーバーですから、「WQHD解像度(2560 x 1440)/ 144Hz」のディスプレイにはぴったりかもしれません。

ただ、当然といえば当然ではありますが、新世代GPUの「GeForce RTX 3090 / 3080」には大きく水をあけられていますので、特に「4K」目的であればRTX2080Tiを選ぶのは得策とはいえないでしょう。

唯一、RTX2080Tiに分があるのは「ワットパフォーマンス(電力効率)」においてですが、高性能GPUはワッパを捨てて性能に振るからこそ意味がありますので、本末転倒になることだけは避けなければなりません。

よって、性能自体はまだまだ「ハイエンド級」といえますが、選ぶメリットがあまりなくなってきていますので、大人しくRTX3090RTX3080を選んでおいた方が良いでしょう。

ただし、単体であれBTOであれ、セールなどで安く買えるようであれば、選択肢に入れるのも悪くはないと思います。

GeForce RTX 2080 Tiに見合った構成

当サイトでは「GPU」をクラス分けして、それぞれのクラスごとにバランスの取れた構成を「鉄板構成」としておすすめしています。

「ハイエンド級」の鉄板構成は、以下の通りです。

鉄板構成
ターゲット
フレームレート
4K: 60fps~
FHD: 120fps~
GPUGeForce RTX 3090
GeForce RTX 3080
GeForce RTX 2080 Ti
GeForce RTX 2080 SUPER
GeForce RTX 2080
CPUCore i9-10900K
Core i9-10900KF
Core i9-10850K
(Core i7-10700K)
Core i9-9900KS
Core i9-9900K
Core i9-9900KF
メモリ16GB~
ストレージ
(SSD)
高速1TB~
  • 緑色のGPU / CPUは、このクラスにおける「鉄板」であることを表しています。
  • 「ストレージ(SSD)容量」は「BTOパソコン」における一般的な搭載量やスペックに見合った容量を載せていますが、基本的には用途次第なので、正解というものはありません。

GeForce RTX 2080 Ti搭載モデルの比較

ここでは、各ショップが販売している「RTX 2080 Ti搭載BTOゲーミングPC」の「価格」を「徹底比較」してみたいと思います!

メニューから「CPU」、「メモリ」、「SSD」、「HDD」の種類や容量を選ぶと、「スペックと価格の一覧表」の該当部分がそろえられて、価格も変更されます。

ただし、「G-Tune」と「G-GEAR」のモデルはGPUごとにモデルが存在するのではなく、ベースモデルからGPUを選択する形ですので、デフォルト(初期状態)のGPUが「RTX 2080 Ti」と異なる場合は、カスタマイズで変更する必要があります。また、それに伴って「電源」のアップグレードが必要になる場合もあります。

一覧表では、必要なアップグレードは適用済みですが、具体的な内容は各モデルの販売ページでご確認頂きたいと思います。

その他の基本的な見方、使い方は、以下の通りです。

  • 価格アップ価格ダウンで色分けしています。
  • 「選択不可能なパーツ」は「背景色」を変えています。また、選択不可能なパーツを含む場合は「価格」の背景色も変えています。
  • 「default(デフォルト)」は「初期状態」を意味する言葉ですが、「無料アップグレード」などは適用済みの状態です。
  • モデル名をクリックすると、ページ下部の詳細データへと移動します。
  • OS は全て Windows 10 Home 64bit です。
  • CPU R Ryzen の略です。
  • CPU を複数選択した場合は 最も価格が安い ものが選択されます。
  • CS とは チップセット のことです。
  • GPU は全て GeForce RTX 2080 Ti です。
  • SSD/HDD H- 高速タイプ であることを表しています。
  • SSD/HDD 容量 は大まかな数字(~GB級)ですので、 数十GB の開きがある場合もあります。ご注意下さい。


表示
条件を満たさないモデル
▼ CPU / CS、▼ MEM、▼ SSD / HDDをクリックすると、条件を絞るパネルが開閉します。
    
ハイエンド
ハイスペック
ミドルスペック

「*」の付いたCPUは、その性能の高さから1つ上のクラスにも分類しています

メモリ容量
SSD容量


HDD容量
モデル▼ CPU
/ CS
▼ MEM▼ SSD
/ HDD
価格
①:GX9J-
C201ZT
i9-10900K
/ Z490
16GB H-500GB
/ 1TB
¥282,273
②:GX7J-
B201ZT
i7-10700
/ Z490
16GB H-500GB
/ x
¥251,182

おすすめPC

「GeForce RTX 3090 / 3080」の登場により、世代交代が行われつつあるため、RTX2080Ti搭載モデルのラインアップの数も大きく減ってきました。よって、RTX 3090搭載PCRTX 3080搭載PCもチェックして頂ければと思います。

では、パーツごとに見ていきます。

CPU

「Core i7-K / KF」でも露骨な性能低下はないと思いますが、「最高」を目指すからこその「ハイエンド級」ですので、「ボトルネック(制約)」のリスクは避けておきたいところです。よって、予算的に無理がないようであれば、CPUも最上位級の「Core i9-K」を「おすすめ」します。

それから、「AMD Ryzen」は総合的な性能では「Intel Core」に勝るのですが、「ゲーミング性能」では「Ryzen 9」でも「Core i5-K」に劣ってしまうこともあるため、他に目的がある場合を除いて「次点」という評価にならざるを得ませんでした。

しかし、「第4世代Ryzen(5000シリーズ)」はこれを完璧に覆しました。Intel向きな一部のソフトを除き、これまで弱点だったゲームにおいてもIntelと同等以上に戦えるようになったのです。

よって、現在のファーストチョイスはRyzen 5000シリーズということで良いと思います。

メモリ

「16GB」あれば、とりあえず問題はないといえますが、バランスや将来性を考えると「32GB」あっても良いかもしれません。

メモリは「多くとも意味はないが、少ないと露骨に挙動を遅くさせる」という特徴を持つパーツですから、容量不足だけは避けたいところです。

ストレージ

「重量級のゲーム」をプレイするのであれば、それなりの容量を要求されますが、「複数の軽いゲーム」をプレイする場合も容量が必要になりますので、「PCのスペック」と「ストレージの容量」は直接的な関係はないといえます。

とはいえ、全体のバランスやBTOでの採用例、価格などを考慮すると、「高速タイプ 1TB級」がこのクラスの「鉄板」といって良いと思います。

もちろん、無理に高速SSDを選ぶ必要はありませんが、性能を追求してなんぼの「ハイエンド」ですから、高速タイプを「おすすめ」します。




最初にお話しした通り、世代交代によってラインアップの数が激減してしまいました。今ならRTX 3080搭載PCの方が「コスパ」面でずっと有利ですので、チェックして頂きたいと思います。

最後に残った「RTX 2080 Ti搭載モデル」は「G-GEARのハイエンドブランド」である「G-GEAR neoシリーズ」の2モデルです。

①:G-GEAR neo GX9J-C201/ZTは「CPU」に「第10世代Core i9-K」を、②:G-GEAR neo GX7J-B201/ZTは「第10世代Core i7」を採用していますが、「K付き」であればどちらでも大きな問題はありませんので、お好きな方を選ぶということで良いと思います。



GeForce RTX 2080 Ti搭載モデルのラインアップとスペック表

ここからは、当サイトでご紹介している「GeForce RTX 2080 Ti」搭載BTOパソコンの「簡易スペック」と「販売ページへのリンク」を掲載していきます。是非、有効に活用して下さい。

G-GEAR / TSUKUMO

①:G-GEAR neo GX9J-C201/ZT

OSWindows 10 Home 64bit
CPUIntel Core i9-10900K
(10C/20T, 3.7-5.3GHz)
GPU (VRAM)GeForce RTX 2080 SUPER (8GB)
メモリ16GB (DDR4-2666, 8GBx2)
SSD500GB (M.2/NVMe)
HDD1TB (SATA3)
チップセットIntel Z490
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ
電源750W (80PLUS GOLD)
保証1年
価格¥245,273 (税別)

②:G-GEAR neo GX7J-B201/ZT

OSWindows 10 Home 64bit
CPUIntel Core i7-10700
(8C/16T, 2.9-4.8GHz)
GPU (VRAM)GeForce RTX 2070 SUPER (8GB)
メモリ16GB (DDR4-2666, 8GBx2)
SSD500GB (M.2/NVMe)
HDDx
チップセットIntel Z490
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ
電源750W (80PLUS GOLD)
保証1年
価格¥186,182 (税別)